【マラソン失敗談】富山マラソンで失敗した5つのこと

大会報告

(※このページは2022年11月6日に更新されました)

富山マラソン25キロで棄権(リタイア)したみたいだね。
なにが失敗レースだったのか説明してみてよ

あっ…普段しないようなことを「5つ」やらかしました。

マラソンこうするべきだった
・シューズを履きこなしておくべき ・いつも使用しているソックスを使用するべき ・スタート前に防寒対策するべき ・トイレは計画的に行くべき ・オーバーペースになっても、ペースを落とす勇気を持つべき

私は11月6日に行われた富山マラソンに出場してきました。

今回が「3回目のマラソン」でした。

結果は25キロでリタイア。

今回私が失敗した『5つのこと』をまとめてみました。

もしこの失敗談が誰かの役に立てばと思い、共有させていただきます。

 

使うシューズを履き慣らしていなかった

『マラソンレースは履いたことのあるシューズで!新品は危険!?』

今回使用したシューズは、アシックスの『メタスピードスカイ+』でした。

これまではメタスピードスカイを使用していたため、今回のマラソンは攻める!と決めていたのでプラスの方で挑みました。

結果から言うと、シューズの特性で『どんどん加速!』しました。

ものすごくいいペースで進むが、自分の体が持たず、17キロあたりで足底に痛みが出てしまいました…。

それでも歩きながら『ハーフマラソンのベスト』が出たことは収穫です。メタスピードスカイ+はいいシューズであることは間違いない。

筋力不足もあると思いますが、靴のクセやもう一つの失敗である「靴下との相性」をもっと考えるべきでした。

シューズを履きこなしておくべき

普段使わないランニングソックスで挑んだ

今回ギリギリまで悩んで普段使わない「5本指ソックス」を選びました。

「初めてのシューズ」に「普段使わないソックス」の相性が悪く、足底に水膨れができてしましました。

スタートして5キロほどで違和感がありました。(靴の中でソックスが脱げていく)

その後、だんだんと違和感が痛みに変わり、皮がむけてしました。

今回5本指ソックスを履いたのは「しっかりと地面を蹴って、最後まで前に進む!」という理由でした。

しかし、結果的に蹴ったことがアダとなって、水膨れの生成そして破壊となったと考えられます。

普段から使用しているソックスを使用するべき

スタート前の防寒対策を怠った

荷物を預けてからスタートするまでの時間で体が冷えてしまい、体が固まってしまいました。

今回、スタート時間は『10度』と冷え込みました。

また、日陰も多く体が冷えてしまいました。

ランナーさんの多くがカッパをきたりして対策をしている一方でランシャツタイツでいたこともかなりの失敗だったと思います。

『並んでからスタートまで時間がある。寒さ対策としてカッパが必要』でした。

スタート前の防寒対策で「カッパ」を着るべき

トイレ問題を考えていなかった

マラソンスタート1時間前からトイレは絶対に混雑します。

私もそれはわかっていたんですが、また行きたくなってしまって、渋滞にはまってしましました。

トイレは計画的に行くべき

オーバーペースになってしまった

今回のマラソンではスタート位置が後ろの方でした。

目標を達成するために一気に前に出ようと右往左往しながら前に出て行ったのですが、結果としてオーバーペースになってしまいました。

普段は知らない距離を、普段走らないペースで走ったことにより、シューズも一発で傷物に…。

しっかりと決めたペースで刻むことが非常に大事であることを痛感させられました。

オーバーペースになっても、ペースを落とす勇気を持つべき

マラソンに向けて

普段やらないことはしないこと

これに尽きるなと思いました。

普段のトレーニングで自信がなく、こういう結末を迎えたのだと思います。

正直いま、めちゃくちゃ悔しいです。

呼吸や体がキツくなったことももちろんあります。

しかし、自分で意識できれば回避できたことも多くありました。

2度とこのようなミスを犯さないよう、気をつけて行きたいと思います。

そして、皆さんには狙ったレースでこんな思いをして欲しくない。と思います。

もしよかったらSNSのフォロー・メッセージ・コメントよろしくお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました