【アシックス】エボライドのレビュー|アシックスの最新テクノロジーの紹介

レビュー記事はこちら↓

【レビュー更新中】アシックス・エボライドの使用感は?状態は?

アシックス新シューズ:EVORIDE


2020/02/07

発売の新ランニングシューズ「エボライド」をいち早く購入して、レビューをしていきたいと思います。

これまでメタライドを履いていただけあって、その使用感を比べていければと思います。

急遽購入先変更により、届くのが(2020/02/09)になるため、その後レビューしていきたいと思います。

エボライド発売


本日(2020/02/07)にアシックスから新シューズ:エボライドが発売となりました。

引用:アシックス

エボライドの特徴


エボライドは低コストにもかかわらず、楽に前に進むことのできる設計がなされています。

メタライドからグライドライドと、楽に前に進むことのできるシリーズの第3段として今回エボライドが登場しました。

その特徴を紹介したいと思います。

LIGHT WEIGHT CUSHIO


GUIDESOLE TECHNOLOGY


ガイドソールについてはこちら

AHAR / AHARPLUS OUTSOLE DURABILITY


エボライドの使用用途


アシックス の公式サイトによると・・・

各シューズの違いについてまとめてみました。

METARIDE


ということで、長くゆっくり走ることを考えられた、初心者からトップランナーまでもが使えるオールマイティモデル
 
一番の耐久性を備えていて、私もいま着用しているのですが、1000キロ走破目前でも、全く衰えていない耐久性が持ち味です。
 
メタライドについてはこちら→メタライドレビュー

GLIDERIDE


初心者でも履きやすいようにコストが抑えられた、メタライドといった印象

その分、クッションが変更してあるなど、コスパがされています。

エボライド


これまでの中で一番軽量化されているということもあり、スピード向けか。といった印象。

すでに力のあるランナーが、一皮剥けるためのギアになると思います。

またこれまでのモデルの中で一番低コストとなっていて、一番ランニングエコノミーが高いシューズ。

ぜひお手にとって試してみて欲しいです。


2020/02/07:すでにお買い上げ→発送待ち状態

2020/02/08:発送先変更→2020/02/09到着予定(楽天ありがとう)


エボライドの外観


ついにエボライドが到着。

このホワイトゴールドのスタイリッシュなデザイン。

見た瞬間に「デザインかっこいい!」と思いました。

メタライドのソール「フライトフォーム」

メタライドと外観は違えど、ソールの厚さは似たものでした。

重量から考えられるシューズのパフォーマンス


果たして、エボライドの使用用途は・・・

重さからエボライドは「どの練習に最適なのか」を考えていきましょう

エボライド

メタライド

ヴェイパーフライネクスト%

ズームフライフライニット

考察

重さから見て、メタライド(LSD用)とヴェイパーフライネクスト%(スピードシューズ)の間です。

一番ズームフライフライニットと重量感が近く、スピードを出して距離を走るためのシューズであることがわかります。

アシックスのホームページにも記載されているように、すでに走る力があるランナーに向けて発売されていることがわかります。


※走る力=初心者ではなく、その一段だけ上の、走れてきた人といったイメージ


アシックスでいう「ソーティ」や、ナイキでいう「ヴェイパーフライ」などのスピードシューズとは違い、

ズームフライのような、履きやすく、スピードの出しやすいシューズであることがわかります。

サイズ感・仕様感


サイズ感は、私の家にあるシューズとの比較になるのですが、

ズームフライフライニットに近いイメージです。

幅は広すぎず、細めの人でも履きこなせるシューズだと感じました。

アッパー


フライニットアッパーの方な仕様に変更されていて、多くの人が着用できるような工夫されたアッパーとなっていました。

つま先


ガイドソールによりかなり爪先が上向いていることがわかります。

これにより足が地面についてから、転がるように前に進む感覚を再現しています。

レビュー記事公開中!

見ただけでワクワクするようなシューズです。

次回からはこれまでのメタライド同様に、距離ごとにエボライドの擦れ具合や、へたり具合を比べていこうと思います。

【アシックス】エボライドの使用感は?状態は?レビューを公開

↑こちらのサイトにて、0キロからレビュー中!

より詳しく知りたい人はこちらへ

売り切れ続出!?エボライド

エボライドですが、すでにサイズが売り切れてきているところがあるなど、人気であることが伺えます。

ぜひ、早めの購入がオススメかと・・・

すでに値引きがあるサイトもあるので、ご参考ください!

メンズ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

asics【アシックス】 EvoRide【エボライド】スタンダード ランニング …
価格:11000円(税込、送料無料) (2020/2/8時点)

楽天で購入

AMAZON[アシックス] ランニングシューズ EvoRide メンズ シートロック/フラッシュコーラル

新品価格
¥8,886から
(2020/2/10 18:59時点)

 

ウィメンズ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【2/10はエントリー&楽天カードで最大P12倍】 アシックス エボライド Ev…
価格:11000円(税込、送料無料) (2020/2/8時点)

楽天で購入

AMAZON[アシックス] ランニングシューズ LADY EvoRide レディース ホワイト/ホワイト

新品価格
¥11,000から
(2020/2/10 19:00時点)

『asics・メタライド』1000km走破!使用感は?状態は?レビューを公開!

アシックスの厚底シューズ

アシックスが新テクノロジーとして2019年に発売したシューズ【メタライド】

より少ない力で、より長く走ることをコンセプトにした、様々なランナーに向けられたシューズです。

今回はこのメタライドを実際購入してみて、履き心地や削れ方などをレビューしていきたいと思います。

これまでのランニングシューズ


これまでのランニングシューズの主流といえば

スピードを出すのなら『薄くて・硬い・軽い』シューズ

長い距離を走るのなら『厚くて・柔らかくて・重い』シューズでした。

しかし、数年前からナイキの『厚さは速さだ』というコンセプトで発表された厚底シューズというものがランニングシューズ業界を一新させました。

これまでランニングシューズのシェア率といえば、アシックス、ミズノが主流だったイメージが私にはあります。

しかし、2019年の1月に行われた東京箱根間往復大学駅伝競走 通称『箱根駅伝』でのシェア率はなんと40%以上(230名のランナー中95名のランナー)がナイキの厚底シューズを履いていました。参照:ナイキ公式

また、2020年の令和最初の箱根駅伝では、なんと80%以上のランナーがナイキの厚底を履いていました。

いかに今『厚底』という部分に注目されていているのかがわかります。

次世代の厚底シューズ


厚底シューズといえばこれまでナイキのシューズでした。

しかし、その厚底ブームに名乗りを上げたのは『アシックスのメタライド』、そして『HOKA ONEONEのカーボンX』です。

追記:ついにニューバランス社も厚底シューズに参入!

私はずっとアシックスのシューズを使ってきました。理由は単純に自分の足に合うからです。

アシックスのシューズが足に合ってくれるので、どのサイズがいいなど悩む必要がなかったため迷わずアシックスを購入しました。

アシックスの厚底シューズ


これまでアシックスといばなにかと薄底化が進んでいたのではないかと私は思っています。

私が本格的にランニングを始めた頃は『ターサーゲイル』というシューズを履いていました。

この頃に履いていたからこそ、『ターサージール』に変わったとき薄底化を感じてしまいました。

アシックスは薄いままなのか…

そう思っていた時に発売されたのが『メタライド』でした

これまでのアシックスの傾向からすると本当に新テクノロジーといった形ではありますが、非常に待ち望んでいたものでした。

※アシックスのようなフィット感で、足に負担がなく、ゆっくり長く走りたい

これが私の待ち望んでいたシューズです。

メタライドの技術


メタライドはアシックスの最新テクノロジーを搭載したシューズです。

コンセプトは『RUNを、もっとラクに、もっと長く』です。

走行効率を考えられて作られたソールはつま先部分がかなり上がっていて、接地した瞬間に、シューズがローリングして勝手に前に行こうとしてくれます。

これを支えるのがアシックスの最先端技術の『GUIDESOLE(ガイドソール)テクノロジーです。

その名の通り足をスムーズに前にガイドしてくれるような感覚で進むことができます。

軽量化がされているミッドソール「FLYTEFOAM」

足の衝撃を抑えて足の負担を軽減させる衝撃緩衝材「GEL」

このテクノロジーが組み合わさってメタライドが出来上がりました。

長い距離を走りたいという実力派もこれから走り始めます。という方の一束目にももってこいの一足です。

メタライドの外観


これまでのアシックスシューズと比べてもソールの厚さは全然違います。

また足を入れた後、足底と地面との間に距離感を感じました。

厚底シューズとして「守られてる。」という感覚です。

これまでアシックスのシューズは薄くなっていく傾向にあっただけに、これは大きな変化でした。

メタライドの耐久性


『RUNを、もっとラクに、もっと長く』がコンセプトのメタライドですが、一番きになるのが、長く走れるのいいけど…

多く走れるの?(耐久性)

という点です。

実際に走ったよりをもとに、耐久性を見ていければと思います。

50キロ使用

つま先の部分に擦ったような傷が出てきた感じですが現状そこまで削れている様子はないです。

ソールの感覚もまだまだへたった感じがするわけなく、まだ足入れ感は新品を履いているような感覚

200キロ使用

少しずつではありますが、かかとの外側が削れてきているような感覚があります。

しかし、足入れ感やソールの調子は変わらず、絶好調です。

400キロ使用


いや、足裏見せんかい!

この時期からですかね。。。写真を少しづつ綺麗な写真で収めたいと思ったの!

いや、でも足裏撮ろうよ。(忘れてますね)

500キロ使用


500キロ走った今の現状です。

かかと部分と母指球あたりに削れてきた跡が確認されましたが、500キロ走ったように見えません!

また、足入れ感もソールがへたった感じがなく、これも500キロは走ったように感じられません…

アシックスの最先端テクノロジーを非常に感じました。

800キロ走破!


見ていただけたらわかるように、驚くべき耐久力でした。

800キロを走破したとは思えないほどのソールとなっているのが分かります。

履き潰すまでに果たしてあと何キロ走る必要があるのでしょうか…。

ランニングシューズにしては正直高額なメタライドでしたが、ランニングコストパフォーマンスで考えると、安めのシューズを買うのよりも断然お得なのを身にしみて感じています。

テクノロジー良し・コスパ良し

ただただすごいぜメタライド。

【祝】1000キロ

私はこれまで学生生活から考えるとかなり多くのシューズを履いて、履き潰してきました。

その中でこれまで以上に耐久性のあったシューズはなかったと胸を張って言えます。

その驚くべき耐久性から考えると、本当に購入して良かったなと感じました。

これが1000キロ走ったソールです…

本当に走破したのかと疑うくらいの耐久性となる結果となりました。

つま先や、かかとの部分も頑丈なソールを前に、そこまで擦れることはありませんでした。

またアッパーもしっかりしていて、耐久性は他のシューズを群を抜いて高いシューズであることが証明されました。

まとめ


アシックスから発売された『メタライド』

『RUNを、もっとラクに、もっと長く』

その文字通りスムーズに足が進んでいく感覚

長い距離を走った後の疲労感が大幅に軽減されて、継続した練習が期待できる

耐久性もあり、『RUNを、もっとラクに、もっと長く』そして多く走れる。

2020/02/19日現在:メタライド・アシックスオンラインにて購入可能!

しかし、サイズがない場合は、並行輸入品にて購入可能!

少々お高めの設定ですが、見合うだけの耐久性はあるかと思います。

[アシックス] MetaRide メンズ ランニングシューズ [並行輸入品]

新品価格
¥39,999から
(2019/12/4 20:19時点)

これまで2度、カラーチェンジで再販してきました。

次回のカラーをまって購入するのもオススメです!

メタライドの技術を用いたシューズが発売


これまで紹介したようなテクノロジーを用いたシューズが発売されました。

それが『グライドライド』です。

グライドライドはメタライドよりもソールが柔らかくなっており、多くの方々が履いてもらえるような感覚を追求したものです。

メタライドはソールに紹介した多くのテクノロジーが施されているため定価が27000円という価格になっています。

しかしグライドライドは素材や製法を変えることで、16000円という比較的安価でメタライドのようなランニングエコノミーを手に入れることができます。

メタライドは気になるが、足に合うかわからないし、正直価格が価格なだけに手が出しにくい。

という方は、ぜひグライドライドを手にしていただいて、この転がっていくようなランニングエコノミーを体感していただければと思います。

[アシックス] ランニングシューズ GLIDERIDE メンズ スピードレッド/ブラック 27.5

新品価格
¥17,600から
(2020/1/9 01:50時点)

最新シューズ情報!


最新レースシューズとされているものがニューイヤー駅伝・箱根駅伝で公開されました。

まだ契約選手しか履いていないような形で情報は仮の情報ですが、メタライドのテクノロジーを生かしたレースシューズと思われます。

その名もメタレーサー(仮)

これまで紹介させていただいたメタライド・グライドライドは共にレース用ではないのですが、今回リークされているのはレース用とされており、駅伝での使用が確認されています。

中にはカーボンプレートが内蔵されているとみられていて、ついにアシックスもカーボン時代到来か!?とされています。

このシューズに関しても詳しい情報が出てき次第、お伝えできればと思います。

わたしも購入できるようにいまから準備していかないと…

続報をお待ちください。

最新情報(4月中旬に発売の予定と発表)

メタレーサーはオリンピックで着用されないのか?

という噂も立ってきましたが、発売は4月中旬の模様。

予算がつき次第、購入予定です。お楽しみに!

第3世代厚底シューズ

2月10日にエボライド(evoride)というシューズが発売されます。

それとともに、メタライド・グライドライドが新カラーで発売されることが決まりました。

待ちに待ったこの機会に、ぜひメタライドを手にしてみてはいかがでしょうか?

エボライドについてもレビューを公開中!その実力やいかに!

エボライド到着してすぐに履いてレビューしてみた

耳寄り情報

ランニング用品を買うならスポーツ用品【スーパースポーツゼビオ】 がおすすめです。

私もよく店舗を利用しており、ズームフライフライニットを購入したのもゼビオでした。

最近ではTHE NORTH FACE 等のブランドウェアも販売されていて、新しいウェアをまた購入しようと考えています。

オンラインストアでは5400円以上で送料が無料になるのもありがたいところです。

実は…通販ならではの掘り出し物もありました!

ぜひランニングウェアも取り揃えて冬以降のランニングライフを充実させましょう!

【アシックス】エボライドをランニングレビュー!1000キロ走破!:履き心地、使用感の記録

アシックス・エボライドとは

2020/02/07にアシックス より発売されたランニングシューズです。

これまでランニングを効率的に行えるように、走行効率が考えられ工夫して作られたシューズです。

詳しくはこちら

【アシックス】新シューズ、エボライドをレビュー履き心地、使用感の違いとは。

走行距離ごとのレビュー


この記事では、走行距離ごとのソールの擦れ具合や、へたり方を見ていければと思っています。

まずは0キロの届いた時の状態から確認していきたいと思います。

0キロ(初期状態)


スタートがこの状態

ソールのAHAR / AHARPLUS OUTSOLE DURABILITY』テクノロジーで、足が地面に最初に着く部分と、最後の蹴り出しの部分が補強されていることがわかります。

これによりグリップ性が上がり、蹴り出しで足が引っかかりやすい上、耐久性が向上していて、長い間愛用できるシューズになっていることがわかります。

この耐久性が向上していると記載されているシューズが果たして、今後どのように削れて、どのようにへたっていくのか

これからレビューしていきたいと思います。

10キロ(トレッドミル)


初の足入れは、10キロのトレッドミルで行うことになりました。

シューズのすり減り方はこちら

さすがにこれでは変化なしといったところ。

ラスト30秒をウィンドスプリントということで、スピードを出してみました。

しかしこれでは削れる気配はなし。

足入れ感ですが、包み込まれている感じがなんとも良いです。

少しかかとのホールド感を心配していた部分があるのですが、こちらのシューズはしっかりとハマるようで、抜ける感覚は一切ありませんでした。

何度も言いたいのですが「低コストで本格的なシューズ」

これ以上にコスパの良いシューズはなかなかないと思います。

この価格で、妥協して買っていないということがすばらしい。

また明日からフル活動していきたいと思います。

50キロ


50キロではほぼ変化はありませんでした。

ただ、つま先部分から少しずつ削れてきている感じがあるので、この部分がどういう風に擦れていくのかが、ポイントになるのかと思いました。

100キロ


シューズのアッパーにシワが少し寄ってきているのがわかります。

また、母子球のところや、小指側に擦れてきていることがわかります。

少しづつですね・・・頑張れエボライド。

「新品のシューズが少しでも擦れるともったいない気分になるのはじぶんだけでしょうか」

このシューズは楽に走れてしまうので、走りたくなるし、走れるということを感じています。

本当にランニングが楽しい!

ただ・・・私は非常に筋力がないため、疲労が溜まりやすいです。

しっかりと体のケアも怠らずに、エボライドランをずっと楽しみたいと思います。

200キロ走破


この時点で少しソールにへたりがみられてきました。

よく使う母子球あたりがすり減ってきているのが写真からわかります。

しかし、それと引き換え、かかとの部分があまりすり減っていないことがわかります。

ここから考えられることは2点

フォアフット気味で走っていること

・かかとから入っていてもスムーズにシューズがローリングしているため、かかとの負担が少ない

どちらにせよ、効率よく走れていると体感しています。

母子球で押せていることも、しっかりと地面を押せていることを意味しているので、改めてランニング効率の高いシューズであることを証明できているのではないかと感じました。

何度でも言いたいのですがこのシューズ11000円です。(私は楽天にて8100円で購入しました)

このコスパはさすがアシックスです。

400キロ走破

ハーフマラソンを走ったり、芝生でジョギングしたりと多様な場所でランニングを行ってきましたが、ついにアッパーにヘタってきたような感覚がありました。

アッパーがフニャっとなってきているイメージです。

雨に濡れたこともあってアッパーが柔らかくなってきていましたが、ホールド感が新品の物と比べて少し甘いかなと感じました。

しかし、ソールはまだまだヘタっておらず、改めて耐久性を感じました。

アッパーの感覚に敏感な方なので、このあたりから少し甘さを感じましたが、気にしなくてもいいくらいかと思います。

さて、このシューズは何キロまで耐久できるのでしょうか。

500キロ走破

エボライドランで500キロとなりましたが、アッパーのへたりも馴染んできた感覚があります。

また、ソールの減りもなぜか変化があまりみられない!?ようになってきてこの100キロ間では逆に自分に合ってきた感覚さえ感じさせます。

日本ならではの技術的ランニングシューズは耐久性も込みのコスパ最強シューズであると感じています。

それでは、次回700キロ走破でお会いしましょう。

700キロ走破!!

最近までナイキのペガサスターボ2を履いていたこともあり、なかなか走行距離を稼げていなかったエボライドでした。

しかし距離を踏んでいると靴の中で擦れてしまい、なかなか長い距離を踏み辛いことに気づきエボライドに出戻り。

ターボはテンポよく走るときに使用したいしていき、エボライドはジャストフィットしているので、LSDなど長く走るときは重宝してます!

シューズごとの特徴に対して、自分がどういう場面で使いたいのか。をする合わせることができてきて。より一層ランニングの沼にはまっていっているような気がしています。笑

エボライド2足目、3足目も買おうと検討していたけど。いつになったら履きつぶれるの?

それを検証しているのでした!!

1000キロ走破!

ついにこの時が。

「エボライド1000キロ走破」しました。

時間にして発売当初の2月から履いているので、約7カ月間お世話になりました。

1000キロ走ったソールは?

母指球の部分でしっかりと蹴れているので、その付近がしっかりと削れていることがわかります。

普段であればここまで母指球で蹴ることができていないので、外側がよく削れるのですが、

エボライドの特徴である「ガイドソール」の技術のおかげでスムーズな足運びが効率のいい走りを生み出してくれました。

 

この耐久性と走りやすさを兼ね備えたシューズをぜひ!


1000キロ走れるだけの耐久性を持ったシューズ
 
・ガイドソールでスムーズな足運びがスムーズ
 
・価格が定価で11000円

 

メンズ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

asics【アシックス】 EvoRide【エボライド】スタンダード ランニング …
価格:11000円(税込、送料無料) (2020/2/8時点)

楽天で購入

AMAZON[アシックス] ランニングシューズ EvoRide メンズ シートロック/フラッシュコーラル

新品価格
¥8,886から
(2020/2/10 18:59時点)

 

ウィメンズ


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【2/10はエントリー&楽天カードで最大P12倍】 アシックス エボライド Ev…
価格:11000円(税込、送料無料) (2020/2/8時点)

楽天で購入

AMAZON[アシックス] ランニングシューズ LADY EvoRide レディース ホワイト/ホワイト

新品価格
¥11,000から
(2020/2/10 19:00時点)