【新厚底】エアズームアルファフライネクスト%発売決定!五輪使用対策済み

ナイキが新規則対策のシューズ発売か


先日2月29日に世界陸連から発表されました、新規定の施行によって選手が捌けるシューズに公平化がなされました。

それによると、

  • ソールの厚さは40ミリ以内
  • 公式に使用するのは4ヶ月以前より前から市場に出回っていること
  • 複数の剛性プレートは入れられない

NIKE2020として5つのシューズを発表


この規定を受けてかNIKEが急に発表シューズのうちの一つが、ナイキエアーズームアルファフライネクスト%です。

このシューズはヴェイパーフライの最新モデルで、リークの情報では、プレートが3枚入っていたり、ソールの厚さが40ミリ以上あるなどの情報があるため、発売はされないだろう。としていました。

このシューズの特徴としてまずカーボンプレートは1枚

また厚さも「超厚底」シューズよりは規定内におさめて40mm以内になっています。

またアッパーにも新技術を搭載しているということで、これらの情報は日本のサイトが更新され次第、追記していく予定です。

アルファフライとは


このシューズはマラソンの2時間切りの企画、「INEOS1:59」で使用されて話題になったシューズです。

このシューズの力もあってか(キプチョゲ選手の力が9割)見事サブ2を達成しました。

人類の可能性が開花した特別な日であって、その際に着用していとしてみたランナーはみんな興味を持ったと思います。

その他の発表シューズ


ナイキはそのほかに長距離用シューズを2種類

  • ナイキエアズームテンポネクスト%
  • ナイキエアズームテンポネクスト%フライイーズ

短距離スパイク

  • ナイキエアズームヴェイパーフライ

中距離スパイク

  • ナイキエアズームヴィクトリー

世界陸連が施行した規定で4月30日以降使用することができるシューズが限られていきますそこでオリンピックに向けて選手が使用できるようにと、シューズが発売することになったと考えられます。

日本でも発売決定


2020/02/06 18時30分ごろにナイキ から通知が届いて知って方も多いのではないのでしょうか?

海外での発売は2月29日と決定しているようですが、日本での発売はいつになるのでしょうか。

ナイキのサイトはこちらから

Nike Air Zoom Alphafly NEXT%

まとめ


NIKE2020として発表されたシューズたちですが、今から東京オリンピックでこのシューズたちが活躍すると思うと一層ワクワクしてきました。

まだ海外のナイキ公式サイトで2月29日発売とされているだけで日本での発表浜田ありません

果たして日本での発売はあるのでしょうか?

コレからの情報を待ちたいと思います。

ネクスト%の可能性


これまで紹介してきたヴェイパーフライシリーズの最終モデルとなっている

ヴェイパーフライネクスト%

こちらはどんなランナーでも最大限のパフォーマンスを発揮できる証明がなされているシューズです。

ソール。アッパー・プレートと考え抜かれたシューズはアルファフライを購入前に検討してみるのもオススメです。

今ではナイキのサイトでも売り切れています。

在庫があるところで購入しておく方が間違いないかと思います。

再入荷情報


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

2/13(木)〜再入荷☆予約受付中【ナイキ】 NIKE ズームXヴェイパーフライ…
価格:30250円(税込、送料別) (2020/2/8時点)

楽天で購入

 

【厚底靴問題】ナイキ・ヴェイパーフライが禁止・規制から一転、見送りへ!

厚底シューズ規制見送り

これまで厚底問題で話題になってきた、ナイキ社の「ヴェイパーフライシリーズ」ですが、IAAF(世界陸上競技連盟)は全面的な禁止を見送るという方針であることを2020年1月29日に伝えました。

正式な見解を発表するのは今月までに。という発表があったように31日に行われるそうです。

東京オリンピックまでは新たなシューズ技術が一時停止となる見込みで、それまでに規制がかかることはないことを示しました。

厚底シューズ問題のはじまり

問題の始まりは、ナイキ社が開発した「カーボンファイバー製のプレート」が走力の助力行為に当たっているのではないかというものからでした。

厚底シューズがスポットを浴びる前から、厚底シューズの躍進が始まっていました。

これまで多くの国内外の大会で記録・結果を出してきたことに関して、明らかな助力だ。としたところからでした。

問題の論点

この問題の論点は、規定違反のどの部分に当てはまるのか。というものです。

「使用されるシューズは不公平な補助、アドバンテージをもたらすものであってはならず、誰でも比較的入手可能なものでなければならない」という規定が存在します。

しかし、このヴェイパーフライは、発売当初と比べて今は誰でも購入できるシューズとなっています。

これが「不公平な補助。アドバンテージをもたらす」規約に違反するのかどうか。いう点です。

問題になるとすれば

今回の問題はどの規約にも違反しないのではないか。という点から見送りにされたのですが、問題は先日サブ2イベントで公開されたシューズ「アルファフライ」です。

カーボンプレート3枚をナイキエアーで挟むといったシューズです。

これも不公平な補助に当たらないとしても、容易に手に入るものであろうか。という点で違反になるのではないか、と問題になっています。

オリンピックでナイキ契約選手はアルファフライを履いて、オリンピック後に一般購入できるようにしていきたいとどこかで記事を見ました。

これでは不公平になるといえるので、規制はかかると思います。

いずれにせよ本日(1月31日現在)見解を示すとされているので、世界陸連からの公式な見解を待って今後のシューズのあり方をもう一度考えさせられるのではないかと思います。

世界陸連 新規則発表

  • 2020年4月30日以降のシューズに関して、レースの4ヶ月前からオンラインまたは店頭で購入できるシューズであること。
  • ソールの厚さは40ミリ以下であること
  • 複数の剛性の埋め込みプレートは使用できない

これらの要件を満たしていないシューズに関しては、使用不可であることが規則として定められた。

ナイキの厚底に関して

今回問題になっていたヴェイパーフライネクストパーセントに関してですが、ソールの厚さが25.5cmのシューズで36ミリなので、

ヴェイパーフライは規則上使用可能であるということになりました。

ですが、エリウドキプチョゲ選手が履いていたアルファフライに関しては、ソールの厚さと剛性の埋め込みプレートが複数あるとして規制がかかることになりました。

東京オリンピックでは、ネクストパーセントを用いた新シューズが登場するのか、はたまた現行モデルでの出走となるのか、ナイキの動向を追っていきたいと思います。

 

 

 

 

東京オリンピック札幌会場について

先日ニュースになった東京オリンピック札幌会場で話題になっていますが、私自身も分からないことが多いので調べて見ました。

東京オリンピック札幌会場とは

先日からニュースで話題になっていますが、マラソン・競歩の開催が都内から北海道に移動になることが決定しました。

これまで2020年に東京オリンピックが解されることが決まってから、暑さ問題について行なってきた対策に費やしてきた金額は約15億円にのぼるといいます。

これを受けて関係者から様々な声が上がっていると共に、

9月15日に行われた東京オリンピックマラソンコースで行われた先行レースマラソングランドチャンピオンシップで選手として決まっていた選手、またはその関係者も困惑している状況です。

変更になった理由

この問題になった引き金は先日までドーハで行われていた世界選手権で『暑さ』が問題になったからです。

競歩・マラソンで棄権者が続出したことを受けて10月17日にIOCのトーマス会長が「マラソンと競歩の会場を札幌に変更する」としました。

また「これは相談ではない、決定だ」として、事実上決定ということになりました。

当初の予定(コース・内容)

これまでの予定は2018年5月31日にすでに東京オリンピックホームページにて発表されていました。

それによると…


『東京2020オリンピック競技大会 マラソンおよび競歩コース決定!』

公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会(東京2020組織委員会)は、東京2020オリンピック競技大会における陸上競技のマラソンおよび競歩について、国際陸上競技連盟(IAAF)の承認を得て、コースを決定いたしました。

マラソンは、現在建設中の新国立競技場をスタート・フィニッシュとして、浅草雷門、日本橋、銀座、増上寺、東京タワー、皇居外苑など東京の名所を回る42.195kmのコースです。

競歩は、緑豊かな皇居外苑を舞台として、選手に大歓声が届くコースとなっております。

東京オリンピックホームページ


とのことでした。

公認コースは非常に厳しい条件をクリアしたコースのみ得られる称号です。

ここまで決まっていてからの変更、そしてここからのスタートは大会に響くのではないかと危惧されています。

公認コースとは


これはマラソンに限らず道路競走一般に適用されるが、マラソンの場合にはその距離に端数があるため特に規定がある。

  1. コースの長さは競技距離より短くてはならず、かつ誤差は競技距離の1000分の1以下(マラソンでは 42m 以下)
  2. 上記の条件を満たすべく、距離の測定にあたっては1001mをもって 1000m=1km とする
  3. スタート地点からゴール地点までの標高の減少は競技距離の1000分の1以下(マラソンでは 42m 以下) 注:全体が下り坂基調のコースを禁止するため。
  4. スタート地点とゴール地点との距離は、直線で競技距離の2分の1以下 注:一本道の直線に近いコースでは気象条件によっては常に追い風になる可能性があるため。

21世紀現在では世界的に、自転車計測員が3台の距離計付き自転車で縁石から一定の場所を走行して3台の平均値で距離を求める方法が主流となっている

※引用:weblio


こういった条件をもう一度北海道でするのか、またマラソンは札幌マラソンのコースがあるのだが、果たして

競歩のコースはどうなるのか

コースの公認は取れるのか

がこれからの問題点になってくるのではないかと思います。

関係者の声

選手・監督

・東京でやって欲しい気持ちが強い

・東京でマラソンを開催し、成功させるために尽力してきた人の声を聞いて欲しい

・選手ファーストで考えたら札幌の方がいいのかもしれないが、東京を目指してがんばってきた選手の思いを考えると気持ちを切り替えることもまた負担になってくる

札幌市民

・絶対に観に行きます

・熱中症の対策は変わらず行ったほうがいい

チケットをゲットしていた方々

・返金できるのか

・札幌での宿や移動方法は

まとめ

・ドーハの世界選手権を受けて、選手ファーストで考えた結果、札幌会場になった

・東京は暑さ対策として約15億円をかけてやってきたことが意味がなくなるのか

・札幌会場ではセキュリティーから選手、関係者をどう受け入れておもてなしをするのかというのがポイントとなると思います。

・東京都知事の小池百合子氏は東京で行うことを諦めておらず、これからの会合等でアプローチしてくとしました。

今後進展があり次第、追記していきたいと思います。

2019年11月1日:追記


マラソン・競歩 札幌開催で最終調整へ


10月30日から始まった協議会でIOC(国際オリンピック委員会)と東京都、大会組織委員会、政府による協議が行われてきました。

1日未明まで続いた協議の結果、『札幌開催』で最終調整を進めていくこととなりました。

また、大会関係者からの情報で「条件付き」ということで最終調整に入ったと言われています。

・追加で必要になる費用は東京都では負担しないこと

・そのほかの競技は移転しないこと

この2つを条件としました。

東京都は「東京で開催すること」を主張する中、IOCは「札幌での開催は決定事項」としていて、東京都にとっては厳しい戦いになってきました。

まとめ

東京で開催することが決まってから、様々な人々・企業と協力して東京開催を実現させようと頑張ってきた『東京都』

「選手の人生が大事だ、東京で開催することは危険すぎる。札幌でやろう」とアスリートファーストを考えている『IOC』

どちらになっても応援するしかないのだが、北海道よりも東京の方が応援に行きやすい身からすると、主観ではやはり『東京開催』であって欲しいと思います。

マラソン2時間切りの再挑戦〜INEOS 1:59 Challenge〜

マラソン2時間切りへ

現代の陸上競技種目の中で、最大にして大きな目標であった

フルマラソン サブ2 (2時間切り)

達成して人間の可能性は無限であることを証明するべく、

ケニアの陸上競技選手である

Eliud Kipchoge(エリウド・キプチョゲ)選手

に協力を依頼して、これまで挑戦してきました。

そして、前回2017年5月6日、イタリアのモンツァにて行われた、ナイキ社企画の

「Breaking2」にて、

当時の男子マラソン最高記録(2時間02分57秒)を上回る

2時間00分25秒を記録し、史上最速でマラソンを走った選手となりました。

そして、サブ2までの25秒を削り出す企画が

令和元年度10月12日ー14日の間に行われることが決定しました。

マラソンの世界記録

マラソンの世界記録は1908年以降で「55分」という時間を更新してきました。

そして、今ここに2時間という壁があります。

世界記録の劇的な変化からも、人間の限界はないことが証明されています。

 

世界記録は

2:01:39

世界最高記録は

2:00:25

人間の限界を超えれるかが注目のイベントとなります。

市民ランナーが気になるポイント

「確かに、マラソンの世界記録はランナーとして気にはなるけどあんま興味ないな」

「いや、マラソンの世界記録なんて関係ないから」

と思ってそもそも興味がないあなたに朗報です。

ランナーにとって一番必要なもの。それは

『シューズ』

ですよね

前回の「Breaking2」にて、初めて紹介されたのが、ヴェイパーフライの最新作

『ヴェイパーフライ エリート』でした。

このシューズは一般販売はなかったものの、イベントなどで購入することができました。

定価がなんと6万円だったということもあり、注目を誘いました。

そして、今回の『INEOS 1:59 Challenge』で発表となるであろうシューズがこちらです

わかりにくいのですが、大きな変化として2点の変化が見られます。

・ソールの厚さ

ソールがかなり大きくなっているのがわかります。厚底というより超厚底

・前足部にエアーが搭載

ナイキのスニーカー「エアマックス」のようなエアーが搭載されているように見えます。

この2つの変化がサブ2にどう影響してくるのか。

また、市民ランナーにとって、また常識を覆すようなシューズが紹介されるのか

どちらにしろ注目のイベントであることに間違いはないと思います!

サブ2と並行して

INEOS社と共同して行うサブ2企画。

その企画と並行して行なっているのが、子供たちへの支援です。

スポーツは幸せで健康的な生活を送るのに欠かせない要素であると考えて、ランニングチャリティーとして支援を行なっています。

毎日1マイルを走るだけで子供たちの体が活発的になっていくことを支援しています。

2019年6月の時点で8648の学校と保育所が参加しています。

65カ国もが参加する理由は、ランニングの素晴らしさが証明された証でしょう。

サブ2の企画とともに、チャリティーでランニングの素晴らしさを伝える企画。

まさに自分が憧れている企画でたくさん勉強させていただきたいと思います。

また情報が入りしだい追記させていただきます。

まとめ

・サブ2の企画再び

・『INEOS 1:59 Challenge』  令和元年10月の12日〜14日の間

・主催はINEOS社(科学会社 売上高業界世界トップの超一流企業)

・ランナー注目はサブ2だけでなくどんなシューズを履くのかということにも注目

 

 

開催期日

2019年10月12日 開催決定!

イベントのライブ開始時間が、

日本時間2019/10/12 0時〜 と

日本時間2019/10/12   15時〜 となっています。

明日は一日中、目が離せない日になりそうです。

選手着用シューズ

エリウドキプチョゲ選手が着用するモデルがリークされていましたね。

そのモデルはこちら

前足部に大きなモデルチェンジが見受けられました。

また厚底が強化されており一段と厚底感が増したように見えます。

情報では、

「カーボンプレートが何層にもなっている」

「前足部にエアーが搭載されている」

との情報が出ています。

どちらにしろ、明日のレースには情報がある程度公開されると思うので、要チェックですね!

 

人間がまた一つ歴史を変えて、限界を超えるまで。

あと1日

【速報:追記】『オレゴンプロジェクト』で問題発生!?チーム内でなにがあったのか

英国のモハメド・ファラー選手をオリンピックの栄光に導いた有名なナイキのコーチであるアルベルト・サラザールは、ドーピング違反で有罪となり、4年間禁止されることになりました…!?

急いでこの記事について調べていきたいと思いました…

オレゴンプロジェクトとは

ナイキ・オレゴン・プロジェクト(Nike Oregon Project)は、ナイキ社によって、アメリカ合衆国の長距離走選手強化を目的に、本社を置くオレゴン州で2001年に設立された陸上競技チームである

元マラソン選手のアルベルト・サラザールがヘッドコーチを務めている。参照:Wikipedia

 

在籍選手

大迫 傑 選手

アジア人で初めて選ばれた選手

日本記録を3つ保持しており、スポードと持久力を兼ね備えた、まさに日本のエース

3000m・5000m・マラソン

モハメド・ファラー 選手

イギリス出身の長距離選手

オリンピックの金メダリスト

数々の世界選手権やオリンピックでメダルを獲得している

※今は家族との時間を増やしたいということで退団している。

ゲーレン・ラップ 選手

アメリカ・オレゴン州出身の長距離選手

アメリカ記録保持者

数々の記録、結果を残し、アフリカ勢に果敢に戦っていく姿が、応援する身を奮い立たせると話題になった選手

オレゴンプロジェクトが始まる前より、コーチのアルベルト・サラザールコーチと親交があった

今回起こった問題

おもにドーピングに関することが問題になりました。

名将であるアルベルト・サラザールコーチが、ドーピングを行なっていた。という記事です。

また、ナイキオレゴンプロジェクトに関わる選手のドーピングに関する管理プロセスを改ざんしていたことが明らかになりました。

詳しいことは米国アンチドーピング機関によって調査中とのこと

もともと2015年のBBC

問題自体は2017年の3月から発覚して調査等をしてたようです。

周りの反応

今回この問題が発覚したのとともに、憶測が飛び交っています。

例えば

・これはすべての始まりに過ぎず、これからもっと大きな問題が出てくる

・オレゴンプロジェクト全員がドーピングしている!?

・オレゴンプロジェクトとドーピングの関わりはずっと疑われてきた

・前回ラップの件でも問題があったけど、ファラーが脱退した理由もこの疑惑から回避するため!?

どんな内容であれ、憶測は憶測。

この後チームはどうなるかわからないのが現状なようです。

これまで私たちが憧れてきたナイキ・オレゴン・プロジェクトの信頼は少なからず無くなってはしまいますが、

すべてを否定するのはいいことではないと感じます。

どちらにせよ、この機会に変わって、またそのブランド価値が高まってくことを期待しています。

まとめ

・ナイキ・オレゴン・プロジェクトのコーチがドーピング問題で4年間の出場禁止が決定した。

・チームのドーピングに関するデータが改ざんされていることがわかった。

正直なところ、憧れのチームのこういう問題は聞きたくなかったのですが、

憧れていたことに変わりはなく、またナイキ・オレゴン・プロジェクトの名前が誰しも認めているものになってほしいと切に願っています。

がんばれ。ナイキ・オレゴン・プロジェクト

また最新情報が入り次第、まとめてお伝えできればと思います

追記:10月2日12時現在

今回事件が発覚した理由

今回サラザールコーチがこのように事件が発覚したのはある問題があったから。

それはオレゴンプロジェクトに在籍しているカラ・ガウチャー選手が出産した時の話です。

産後になかなか体重が落ちないことを悩んでいたガウチャー選手に「脂肪を落とす薬」強要させたことが原因でした。

その後ガウチャー選手が告発をしたことが決め手でした。

現状

ドーハで行われている世界陸上にいたサラザールコーチですが、世界陸上で身分を証明する証明書が剥奪され、強制的に会場内に侵入することが不可能になりました。

今回の問題で世界陸上期間中にオレゴンプロジェクトに在籍している選手への影響はないとされていますが、

少なからず世界陸上後、影響は出てくるとされています。

世界陸上での証明

引用:世界陸上HP

世界陸上800m決勝

サラザールコーチが指導していたC.マーフィー選手が最下位となりましたが、

もう一人の指導者であるピートコーチの指導を受けいていたD.ブレイザー選手はアメリカ記録での優勝と、

少なからず今回の問題を反映しているようなレースとなりました。

追記:まとめ

私たちに入ってくるオレゴンプロジェクトの内容は、

少数精鋭で、非アフリカ系でも戦っていけるということを広めて、長距離界に可能性を見出した、エリート集団というイメージ。

しかし、中身を知っている人たちは、多く問題を抱えていることは知っていたことで、

側面しか見れていない私たちは、平和ボケしていたのかもしれないと思ったニュースです…

ドーピングはこれほどまでに頂点の人間であるがゆえに注目され、一瞬で全てが否定される問題なのだと認知するきっかけになりました。

追記 2019/10/11

先ほどナイキオレゴンプロジェクトの解散が発表されました。

コーチのアルベルトサラザール氏のドーピング問題で4年間の資格停止を受けて、

ナイキのCEOであるマークパーカー氏は、ナイキオレゴンプロジェクトの選手に

「彼らに合ったコーツング設定を選択する」としました。

2019年10月11日現在 ホームページサービスなどは停止しており、今後2週間以内に解散としています。

今後所属アスリートの行き先や、オレゴンプロジェクトのこれまでのことなどが説明があるとされています。

これまでグレーとされていた問題も触れられていくので、選手等には少なからず負担はかかりますが、

「ドーピング問題は序章に過ぎない。これからもっと大きなものが出てくる」

というコメントを残していた海外の人たちが多かった理由が暴かれていくのかも

大迫選手のコメント

解散を受けて大迫選手がコメントを出しています。

 

僕を強くしてくれた大切なチームが無くなるのは悲しい。

だけど僕はこれからも僕を探し続け、僕が僕であることを続けていく事は変わらない。

ナイキは今後も今までと変わらないサポートを約束してくださり、活動には全く支障ありません。

まとめ

解散になるのではないかという噂が立っていたのは知っていましたが、本当に現実のものになるとは思っていませんでした。

大迫選手のコメントをみても力強いコメントで、

「私はクリーンだ」

と訴えているようにも思いました。

大迫選手のこれからの影響と負担を考えると、逆に安心できるコメントでした。

私は一人のファンとして、これからも大迫選手を信じていきたいと思います。

ランニング用品購入するなら

ランニング用品を買うならオススメなので紹介させてください!

ランニング用品を買うならスポーツ用品【スーパースポーツゼビオ】 がおすすめです。

私もよく利用しており、ズームフライフライニットやナイキのウェアを購入したのもゼビオでした。

最近ではTHE NORTH FACE 等のブランドウェアも販売されていて、新しいウェアをつい購入してしまいました。

オンラインストアでは5400円以上で送料が無料になるのもありがたいところです。

実は…通販ならではの掘り出し物もありました!

ぜひランニングウェアも取り揃えて秋以降のランニングライフを充実させましょう!