【アシックス】サブ4目指すならマジックスピード!最高に走りやすかったので走行レビュー!

(※このページは2021年11月10日に更新されました)

「この厚底ブームでどのシューズが自分に合うのかわからんがやけど」

「他のシューズと比べて重さとか耐久性とかサイズ感が知りたい」

そう思われているあなたに、私はぜひ「アシックス・マジックスピード」をオススメしたい!と思います。

なぜ、これほど多くのシューズが流通しているのに、アシックスなのか。

それは「日本人の足に合うように作られた」からです。

マジックスピードのまとめ
・自分の持っている力を引き出してくれるシューズ ・「サブ4〜サブ3.5」の「1キロ4分台〜5分30秒」を走るのに最適 ・『靴に足を合わせるのではなく、足に合った靴を探した結果"アシックス"』

走行距離と共に、耐久性(アッパーやソール)使用感をレビューしていきます!

マジックスピードというシューズ

マジックスピードには大きく3つの特徴があります。

FF(FLYTEFOAM)BLAST

フライトフォームブラストは、軽量にも関わらず、反発性に優れたアシックス独自のソールです。

”弾むような新感覚ランを”というコンセプトのシューズ NOVABRAST(ノヴァブラスト)と同じソールを使用することで、まさに弾むような反発性が感じられます。

カーボンプレート

シューズの真ん中からつま先にかけて、軽量なカーボンプレートが内蔵しています。

FF BLASTのソールでローリングしてきた力を、逃さずに推進力に変化させることができます。

ガイドソール

弓のようにソールの前後で曲線状になっていて、足がついてから離れるまでの流れがよりスムーズに行うことができます。

その他、アッパーには軽く通気性の高いものを採用したり、アウターソールではかなり耐久性の高いものを使用しており、これほどまでにスピード向きで耐久性のあるシューズが合ったのか、というようなシューズになっています

開封の儀

サイズ感

今回購入したのは『26.0cm』です。

私がこれまで購入してきたシューズとサイズは下記の通りです。

これまでの相棒集

サイズ感としては、『ズームフライフライニットが一番近い』ように感じました。

アシックスならではの「足に吸い付いてくるようなフィット感」と、「この靴は脱がさせないというホールド感」がマジックスピードを履いた時の素直な感想です。

重さ

26.0cm測定

重さは220グラムと軽く、これまたズームフライフライニットと似たような重さとなっています。

タッチで拡大

持った時の感じも、ものすごく軽いという感じではないが、相場よりも軽めのシューズであることがわかります。

耐久性(随時更新中)

0キロ

タッチで拡大

マジックスピードが(2021年10月末時点)価格帯が下がってきており、定価の30%OFFとなっており、安いもので12000円を切るものもあります。

しかし、今回私が購入したものは、型落ち前のサステナブル商品(リサイクル素材使用商品)です。

デザインが奇抜なところに魅力を感じたので、この色を選択しました。(それでも税込13,900円)

新品ではありますが、試し履きは妻が先にしてしまったので、汚れた状態での写真となります。

このカラフルなソールが、耐久性が高いアシックス独自のソールとなっているわけです。

もちろん新品で購入しているので、擦れ等はありません。

このシューズが距離を踏むたびにどのように削れていくのかが楽しみです。

100キロ(フルマラソンも走ってみた)

タッチで拡大

今回マラソン練習として、フルマラソンを走ろう!と思い、仲間を連れて走ってきました。

それを含めると、100キロを走破したのでソールの擦れ具合やアッパーの耐久性をレビューしていきましょう!

スライドを見ていただければわかるとおり、フルマラソンを含む100キロを走破したのですが、ほとんど削れていないことがわかります。

むしろアッパーに関して言えば、さらにフィット感が向上しました。

足に馴染んできたため、より吸い付く感じがします。

150km:緊急事態!?

緊急事態:アキレス腱付近両足に血豆ができる

初マラソン出場1週間前となった時、マジックスピードで練習しているとなぜか両足が痛いという現象。

走り終わった後アキレス腱を見てみると…。血豆に。

原因は、『かかと部分にあるプルストラップ(シューズを履きやすくするためのもの)が擦れて起きている』ことがわかりました。

この状況をツイートしてみると、意外に多くの方々に連絡をいただきました。

その中で対策を考えた結果、かなり改善されたのでご報告したいと思います。

対策方法:お湯につけて揉み込む!

お湯揉みの方法
1.お湯(40度前後)に3分〜5分、つけ置きをする。 2.お湯につけながら形が崩れないように、丁寧に揉む 3.硬い部分は多めに揉む 4.しっかりと乾燥する

この方法でかなり改善されました。

マジックスピードで走ることの唯一の不安要素になっていましたが、今回改善されたことで、初マラソンは「マジックスピード」で行くことが決定しました!

このシューズで自分の力を最大限の力を発揮できるように、準備していきたいと思います。

200キロ:人生初フルマラソン サブ4達成!

このシューズでは、人生初マラソンとなる『富山マラソン』出場のため、購入しました。

目標は「サブ4」達成のために購入しましたが、それが『大正解!』目標を大きく上回る3時間40分でゴールいたしました。

これまで、緊急事態と上記にもあるように、踵の皮が擦れて血豆になったりしましたが、今回フルマラソン時は一度も擦れず痛みなく走ることができました。

ぜひ湯揉みをおすすめしたいと思います!

まとめ

・自分の持っている力を引き出してくれるシューズ

・「サブ4〜サブ3.5」の「1キロ4分台〜5分30秒」を走るのに最適

・『靴に足を合わせるのではなく、足に合った靴を探した結果”アシックス”』

RUNLIFEについて

『ランニングの効率をより求めるあなたへ』

ランナーにとって「走るためのモチベーションになる」コンテンツを提供しております。

【ランナー必須】滝行も汗も雨も心配なし!防水Bluetoothイヤホンは『ANKER』がおすすめ

(このページは2021年10月31日に更新されました)

ランニング中に「外れない」防水イヤホンってあります?

安い(コスパ)・音質・接続 の3拍子が揃ったものを探している

そんなランナーのあなたに「このイヤホンなら間違いない!」というイヤホンを紹介いたします。

これまで、知名度のあるものから安いものまでたくさん使ってきた私が、この性能でこの価格!?と衝撃を受けたのが

『ANKER・Soundcore Liberty Neo 2(サウンドコアリバティネオ)』です。

このイヤホンは、防水性能がワンランク高い上、なによりも価格が本当に安い!

とりあえずひとつ持っておくことをオススメしています。

この特徴を聞くことで「あっ、これはほしい」と思った方は、ぜひ共有いただければと思います。

ANKER・Soundcore Liberty Neo 2(サウンドコアリバティネオ2)

この製品のポイントは、「防水性能・価格」がありますが、「再生時間も段違い」です。

一つずつ解説していきたいと思います。

IPX7規格の防水性能

ランニングのイヤホンを選ぶ上で、外せない性能が『防水性能』です。

運動時の汗や、急な雨などで防水性能はかなり重視されます。

サウンドコアの防水性能を動画付きで解説します。

これは「滝行をサウンドコア装着しながら」行ったものです。

この状態でもなんの問題がありません!これほどの防水性能がついたものとなっております。

これなら急な雨でも、汗っかきでも安心してランニング時に使えますね!

コスパが良い

このイヤホンの値段は【定価 4,990円】となっています。

これまで使用してきたBOSEやAirPodsと比べても、音質接続のしやすさではかなりコスパの良い商品となっております。

防水性能を考えると、上位モデルと比べても「サウンドコアの優勝」なのではないかと思っています。

その他の性能

・再生時間全開モデルから2倍!約40時間の大容量バッテリー!

・USB-C対応 急速充電

・片耳での使用可能

・イヤホンタッチ操作

セール情報

ただですら安いサウンドコアですが、ただいま(2021/10/31現在)

4,990円 → 3,993円

となっています。

正直びっくりするくらいコスパがいい商品となっているので、ぜひこの機会に高コスパ防水イヤホンを手にしてはいかがでしょうか?

滝行に行く機会はあまりないですが、これまで水に強いイヤホンですので、全力で推します!

まとめ

・滝行も問題ない系の防水イヤホン

・コスパ(音質・接続性)が良すぎる

・長時間再生可能

現在セール中で1,000円OFFでの購入が可能!

RUNLIFEについて

『ランニングの効率をより求めるあなたへ』

ランナーにとって「走るためのモチベーションになる」コンテンツを提供しております。

【中高生ランナー必読】底辺から14分台ランナーになる一つの選択肢

(この記事は2021年11月27日に更新されました)

「長距離をもっと速く走れるようになりたい」

「全国大会・地方大会にチャレンジしたい」

この記事はそんなあなたのために向けて書いています。

底辺高校生(3000m 10分切り)が3年間で県トップクラスになれた練習メニューとノウハウを配信・公開!

名前 山下 優嘉(やました ゆうが)

年齢 25歳

出身 富山県

経歴 富山商業高校 ⇨ 東洋大学 ⇨ 現在

ランライフ 代表
子供達からシニア世代まで、幅広い年代のランニング・ウォーキングの指導をする。

ランニング:マラソンに挑戦中
 競 歩 :日本記録保持者としてパリに挑戦中

年代 タイム
中学3年生 6月 3000m 10分32秒
高校1年生 5月 5000m 16分58秒
高校3年生 11月 5000m 14分41秒

より詳しくはこちら ⇨  RUNLIFE.RC 山下コーチ紹介

これまでの経験と後悔

私はこれまで色んな子供達を見てきました。

物すごく悔しかった例で言うと、

「調子が上がらない。でも来週、最後の高校総体」

「来月進路がかかったレースに出ることになりました」

「本気でトレーニングを始めたんですがケガをしました」

もっと早く出会いたかった。

もっと早く指導したかった。

そう思ってからでは遅いのです。

まず私と「あなたの10秒」を削ってみませんか?

そしたらそこから1秒、また1秒と削っていきましょう。

まずは「LINEの友達追加」をして、自己紹介をしてください。

最適なアドバイスをさせていただきます!

友だち追加

LINEで友達追加すると?

ノウハウをまとめた資料の無料プレゼント

今回私は、いままでのノウハウを資料にまとめました。

それをあなたにプレゼントします。

本来であれば、「個人指導」ということで有料での提供となるのですが、このブログをご覧のあなたには無料でプレゼントとなります。

また内容についてのご相談や、ご質問がありましたら、当日のみお受付いたします。

私のノウハウが皆さんの競技生活に少しでも影響を与えることができればと思います。

練習メニューの投稿

過去の練習メニューを参考としていただくために、ラインで週1で配信いたします。

練習メニューを提示していくことによって、練習メニューの組み立てのお助けになると思います。

個人指導の割引

これまではホームページからのお問い合わせや、SNSより受け付けておりました。

今回より、LINEからのお申し込みいただくことで、割引料金にてご案内させていただきます。

リモートでのランナー講座や、直接会っての指導などのお問い合わせはLINEより、お申し込みいただければと思います。

Q & A

Q.LINEの友達追加やプレゼントに料金はかかりますか?

A.いいえ。かかりません。なのでまずは気軽に相談してください。

料金は「メニューの提示」や「フィジカル指導」などの専門知識をビデオ通話もしくは音声通話』にてアドバイスする場合、指導料として前払いにていただきます。

※後日請求することもありません。


Q.LINE友達追加をしたら何がありますか?

A.無料で資料「長距離が速くなる考え方」をプレゼントいたします。

また、「より詳しい解説」や「具体的な練習等について」は個人指導となりますので、有料となる『個人指導』をオススメしています。


Q.個人指導はどこで申し込めますか?

A.LINEにてお申し込みください。日程や料金についてのご相談いたします。

別サイト(ココナラ)経由でもお申し込みをお待ちしております。(人数制限あり)


せっかくやるなら、効率よく!

 

この期間を少しでも本気で楽しく過ごしたいんだ!と思う人と繋がって行きたいと思います。

一緒に戦えることをお待ちしております!

友だち追加

【レビュー】ズームフライフライニットで800キロ走破!足入れ感や、使用感は?

ズームフライを購入した理由

前回ズームフライフライニットの購入した時に記事としてまとめさせていただいたのですが、説明します。

ズームフライフライニットの初見レビューはこちら

ズームフライフライニットの魅力(カーボンプレート)

私がこのシューズを購入しようと思った理由の一番がこの『カーボンプレート』です。

今や有名なカーボンプレート搭載シューズの『ヴェイパーフライ』に、用いられているプレートを使って作られたのが『ズームフライフライニット』です。

誰でも手ごろに体験でき、力をより発揮しやすくするシューズとして話題となりました。

接地した時に足が前に進むだけでなく、反発で押してくれるような感覚があるのが特徴です。

そのほかに、フライニットアッパーであったことなどがあり、ズームフライを購入しました。

ズームフライの使用感

ズームフライフライニットはフライニットアッパーによって靴下を履くような感覚で足が包まれているようにフィットします。

中で蒸れることも軽減するので、豆などができる可能性も減らすことができます。

また、何よりもカーボンプレートらしい反発を感じることができ、スムーズに足を運べる印象がありました。

これまでにフルマラソン (仮)が2回とランニングイベントに3回ほど出場してきました。

使用の距離は800キロを超えてしまいましたが、まだまだ現役で活躍している、ズームフライをご紹介したいと思います。

ズームフライの状態

外観

これが800キロ以上を走破してきたズームフライですが、見ての通りまだまだ外観は問題ありません。

フライニットは伸びることがないので、シューズの締め付け感は変わりません。

ソール

またソールは擦れてしまっているものの、まだまだ使用できる様子です。

中のカーボンプレートも折れている様子もなく、反発はいまだ健在です。

高い耐久性を誇るズームフライ。このまま1000キロ達成までまずは見届けたいと思います。

新たなステージへ 〜ズームフライ3〜

ズームフライは新しく3が出ました。

特徴はヴェイパーフライネクストパーセントのソールに沿って作られていることです。

これまでのズームフライとは、大きな変化は2つあります。

ヴェイパーフライネクストパーセントソール


引用:ナイキHP

これまでのソールとは違い、フルレングスのNike Reactミッドソールと軽量で耐久性に優れたフォームとなっています。

よりランニングの効率が上がるように形状が変化しているのも特徴のうちの一つです。

より楽に進みやすいように、縦に線を入れたことで、どのような環境でもスムーズに足を運べるように工夫されています。

新テクノロジーアッパー


引用:ナイキHP

エンジニアード加工のウーブンメッシュ素材、VaporWeaveを表面に使用。

雨の日でも靴が重くならないように加工されている上、通気性にも優れている万能アッパーです。

蒸れてしまったり、雨で濡れてしまったりといったシューズにかかるストレスをなくすことを目的とされています。

雨天時に多くのランナーが悩むシューズ問題の打開策となりそうです。

 

 

まとめ

ズームフライフライニットは今も健在

高い耐久性を非常に感じました。このまままずは1000キロまで行ってみたいと思います。

目標はカーボンプレートが折れるまで。

新登場したズームフライ3はこれまで以上にランニングエコノミーを考えられたシューズ

より高い耐久性とランニングエコノミーが高いということで、私もフライニット以上のものを期待しています。