今さら聞けない!マラソンのMGCってなに?


MGCとは?

MARATHON GRAND CHAMPIONSHIP (マラソングランドチャンピオンシップ)

2020年に行われる東京オリンピックの陸上競技種目であるマラソンの代表権をかけた選考レースです。

マラソングランドチャンピオンシップ
2019年9月15日(日)開催

MGCで優勝した選手は自動的にオリンピックの代表権を獲得することができます。

また、2位、3位に入った選手で持ちタイムがMGC派遣記録を突破していてた場合、そのタイムが早い選手が内定となります。

どちらの選手も突破していなかった場合、2位の選手が東京オリンピックの代表権を獲得します。

MGCに出場するには

この東京オリンピックの選考レースに走るためにはまず、選考レースに出るために指定競技会内でレース毎に定められた順位、タイム内でゴールしなければなりません。

指定競技会は…

・男子 北海道マラソン        
    福岡国際マラソン          
    別府大分毎日マラソン        
    東京マラソン            
    びわ湖毎日マラソン
・女子 北海道マラソン
    さいたま国際マラソン
    大阪国際マラソン
    名古屋ウィメンズマラソン

男子5大会、女子4大会あります。

もうひとつのMGC出場権の獲得方法

2017年8月1日から2019年4月30日までに国際陸上競技連盟が公認する大会で一定の条件を満たした選手はMGCの出場権が得られます。

男子2時間8分30秒を、女子は2時間24分を切ること

期間内の大会で出した記録のうち、早い記録2つの記録の平均
 男子2時間11分、女子が2時間28分を切ること

このどちらかの条件を満たしていれば、ワイルドカードとしてMGCの出場権が得られます。

そもそもMGCが開催される理由

これまで代表の選考は日本陸連が行ってきました。

日本陸連側は公平に判断していると思うのですが、選ばれた選手、選ばれなかった選手の判断に意見を物申す人が出てきてしまうのが以前から問題になってしまっていました。

いまでは「陸連の私物化」とまで言われてしまい、問題となっています。

選考基準の見直しなどの検討を重ねた結果、今回のような選考レースを開催することが決定したそうです。

他国では、代表権をかけたレースは一発勝負であったりして選考基準が明確なだけに日本の選考が私情が混ざっていると言われているのかもしれません。

しかし、私としては代表権のために一発勝負というのは反対派の人間です。

あくまで個人の考えではあるのですが、本当の勝負はオリンピックであり、オリンピックの選考ではないと思います。

なので選び、考える段階で一発勝負というのは酷なのではないかと思います。

このためにかけてきたのだから「オリンピックも一発勝負。選考もそうでいいだろ」という意見もわからないではないのですが、選考は何度も行うものだと私は思います。

なのでMGCは非常に賛成で、応援している身としてもとてもワクワクするものになっていると思います。

オリンピックが始まる前にこうやってワクワクできるのもこのMGCというプロジェクトのおかげだと思います!

MGC出場権獲得選手

男子選手

村澤明伸(日清食品グループ)
大迫傑(NIKE)
上門大祐(大塚製薬)
竹ノ内佳樹(NTT西日本)
園田隼(黒崎播磨)
設楽悠太(HONDA)
井上大仁(MHPS)
木滑良(MHPS)
宮脇千博(トヨタ自動車)
山本憲二(マツダ)
佐藤悠基(日清食品グループ)
中村匠吾(富士通)
川内優輝(あいおいニッセイ同和損害保険)
岡本直己(中国電力)
谷川智浩(コニカミノルタ)
大塚祥平(九電工)
中本健太郎(安川電機)
藤本拓(トヨタ自動車)
服部勇馬(トヨタ自動車)
山岸宏貴(GMOアスリーツ)
福田穣(西鉄)
二岡康平(中電工)
橋本崚(GMOアスリーツ)
岩田勇治(MHPS)
堀尾謙介(トヨタ自動車)
今井正人(トヨタ自動車九州)
藤川拓也(中国電力)
神野大地(セルソース)
山本浩之(コニカミノルタ)
河合代二(トーエネック)
高久龍(ヤクルト)
荻野皓平(富士通)
一色恭志(GMOアスリーツ)
鈴木健吾(富士通)

女子選手

前田穂南(天満屋)
松田瑞生(ダイハツ)
安藤友香(ワコール)
関根花観(日本郵政グループ)
岩出玲亜(アンダーアーマー)
野上恵子(十八銀行)
鈴木亜由子(日本郵政グループ)
小原怜(天満屋)
中野円花(ノーリツ)
福士加代子(ワコール)
上原美幸(第一生命グループ)
前田彩里(ダイハツ)
谷本観月(天満屋)
池満綾乃(鹿児島銀行)
一山麻緒(ワコール)

以上 男子34名 女子15名
が、MGCに出場します。

9月13日 追記:

男子 一色恭志選手 女子:関根花観選手、前田彩里選手

男子1名、女子2名の欠場が発表されました。

9月15日は男子30名、女子10名でのスタートとなります!

怪我や体調不良であればまだ東京オリンピックのチャンスがなくなったわけではないので少しでも早い回復を願っています。

放送日程

男子

・TBSテレビ系列 午前8時から放送

・Paravi  TVer 午前8時50から放送

・TBSラジオ 午前8時30分から放送

女子

・NHK総合 午前8時から放送

・NHKオンライン 午前9時10分から放送

・NHKラジオ第1 午前8時55分から放送

私的注目選手

服部勇馬選手

高校の時から応援してる選手です。

服部選手といえば、東洋大学時代からメディアには何度もでてきている選手ですが、かといって彼はずっと順風満帆に来たわけではありませんでした。

もともとマラソンでオリンピックを目指していた選手で、学生時代から常に未来を見据えているようなメディア対応だったのを覚えています。

服部選手の初マラソンは大学3年の時…だったのですが。

彼は初マラソンの挑戦に向けた練習でアキレス腱を痛めてしまい、出場することすらできませんでした。東京マラソンにかけていただけあって、悔しかったのではないのでしょうか。

そして1年越しの「東京マラソン2016」で初出場!

ここで結果をだしてマラソン界に名を上げるのか…とおもいきやマラソン35キロの壁にぶち当たり大幅な失速…

本人はゴール後に意識が朦朧としていたように応援していて感じました。

そしてそれからトヨタ自動車に入社。

その後着実に地力を積んでいき、35キロの壁に挑戦し、

2018年12月 第72回福岡国際マラソンにて優勝!

MGC出場権を獲得されました!

服部選手はここぞという時に力を出してくれる本当に頼り甲斐のある選手なんだと感じています。

このままの勢いで東京オリンピックへ出場権を獲得して欲しいと思っています!

…虫垂炎で入院している暇じゃないぞ!服部勇馬!

ただただ心配。MGCに響かなければいいんだけども…

追記:SNS上だけど中部実業団で笑顔で対応されている姿を見て一安心

まとめ

2019年9月15日(日)

男子 午前8時50分 スタート

女子 午前9時10分 スタート

東京オリンピックのマラソン代表が3枠中2枠決定する重要な大会!

私は現地にはいけないのですが、全力で応援しております。

全選手の検討をお祈りしています!

 

さてモチベーションのニューウェアもゼビオさんで注文していたのが届いたので、ランニング行っていきます!

※MGCで話題になっているピンクのナイキシューズもゼビオにて明日発売!

ぜひ憧れの選手が着用しているモデルや、お気に入りのブランドウェアを着て、いざ自分のなりたい理想のランナーへ!

“今さら聞けない!マラソンのMGCってなに?” への1件の返信

記事に関して感じたこと、思ったことをコメントしてください! ※名前やメールアドレスを打たなくてもコメントだけで投稿できます!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください