プロアスリート多数着用!ファイテンの効果とは?スポーツとバランスの関係


スポーツとバランス

皆さんは体を動かす際に自分のバランスを気にしたことはあるでしょうか?

日常生活・仕事・ランニングのフォームにおいても体のバランスは非常に重要になってきます。

自分が本来あるべき場所に重心を置くことができ、バランスに調整することができればどのような成果を得ることができるのでしょうか?

体のバランスについて理解を深めて、より効率よく練習ができればと思います。

バランスが崩れているとなんで故障するの

人はもともと左右が完全に対照ではありません。

なので練習をしていたら左右どちらかが痛くなったりと、同じように動いているようでバランスが崩れているのです。

体が左に1度傾いているだけで、左を右よりも使ってしまいます。

それが1万歩2万歩使っていくと塵も積もれば山となり、大きな怪我につながっていきます。

例えば『左の膝ばかり痛くなる』とした時

考えられるのは、右の大腿四頭筋が左よりも発達していることによって、より左足を使わなければならなくなり、大腿四頭筋が疲労して固まってしまい膝の筋肉を引っ張って痛めてしまいます。

簡単に言うと『左右のバランスの違い一つ』で、パフォーマンスも発揮しづらく怪我のリスクも高まってしまいます。

 

体のバランスが崩れることによりどこかに負担がかかってしまい、そのまま長く走ってしまう結果、負担かかった場所が『炎症』であったり、最悪の場合『骨折』ということになってしまいます。

私はバランスが崩れたことで中足骨の疲労骨折を2回、脛骨を1回疲労骨折しました。そこからバランスの大事さに気づき調べることにしました。

なぜバランスが崩れていることになぜ気づかないのか

一番バランスに関して崩れている事を気づかない理由としてあげられるのは、『自分ではバランスが傾いているのがわからないから』です。

生活している中で少しずつ傾いたバランスは慣れが生じながら傾いていくので自分で崩れたのに気付きにくいのです。

しかし、周りの人から見て「あの人のフォーム(走り方)傾いているな」と思われているということは少なからず『かっこよさ』『美しさ』が減っていると思いませんか?

わたしは『かっこいいパパでありたい!』と思っています。

そのために今回新たな挑戦をすることにしました。

体の自然治癒力の向上を考える

体は生きているだけで疲労してしまいます。

理由は前回更新した記事でランニング時の疲労から、日常の疲労まで原因の解明をしています。

・疲労の原因(活性酸素による体の酸化)

・慢性疲労の原因(脳の疲労による体の疲労)

そしてここで必要になってくるのが体の回復です。

その機能が高ければ高いほど早く回復することができます。

イコール『自然治癒力が高ければ早く回復する。』ことになります。

この自然治癒力を中からだけでなく、外からも高めようとこだわり続けている会社がありました。

それが『phiten(ファイテン)』です。

phiten(ファイテン)とは

ファイテンは・・・

ストレスや疲労の蓄積により狂ってしまった心身のバランスを最良に保つことで、現代人の自然治癒力は十分な力を発揮するようになる事をポイントとしています。ファイテン公式HP参照

またファイテンは多くのプロアスリートがこのファイテンの商品を使用していて、よほど効果があるんだと思います。

陸上競技

・設楽悠太選手(HONDA)

・佐藤悠基選手(日清食品グループ)

・大塚祥平選手(九電工)

・服部勇馬選手(トヨタ自動車)

・福田穣選手(西鉄)

・堀尾謙介(トヨタ自動車)

・河合代二選手(トーエネック)

・安藤友香選手(ワコール)
※以上MGC出場選手

野球

・山田哲人選手(ヤクルトスワローズ)

・大瀬良大地選手(広島カープ)

・丸佳浩選手(読売ジャイアンツ)

・角中勝也選手(千葉ロッテマリーンズ)

・藤浪晋太郎選手(阪神タイガース)

・糸井嘉男選手(阪神タイガース)

・髙山俊選手(阪神タイガース)
※以上契約選手

卓球

・早川ひな選手(日本生命)

・松島輝空選手(木下グループ)

スケーター

・羽生結弦選手(ANA)

プロゴルファー

・松山英樹選手

・馬場ゆかり選手

・藤田光里選手

タレント

・斎藤工(俳優)

・岸谷香(ミュージシャン)

・西谷綾子(タレント・ランナー)

これだけ多くの名だたる選手、タレントの名前をあげさせていただいたのですが、あくまで一部のみです。

これだけ有名な選手が着用してるというだけで効果があることに信頼をおけました。

また、ファイテンはテクノロジーを公開しており、どういった効果があるのかという事を理解して使うことができるのも信頼できました。

ファイテンは各国で100以上の特許も取得しており、国からも認められるテクノロジーで体をサポートできるということで商品を購入する事を決めました。

※あとほしいものは増税前に購入したかったので・・・

ファイテン商品のレビュー!

ファイテンのネックレス

私は水晶のタイプを購入しました。

水晶ネックレスは…

昔から神秘的なパワーがあると珍重されてきた水晶を、独自の品質チェックにより厳選して使用したネックレスです。

留め具はアジャスター付きで、最大5cmの延長が可能。ファイテンロゴを刻印したチタンボールを2玉配置しました。ファイテン公式HP参照

日常生活で自然治癒力を高めることができれば、体のなかに疲労物質もたまりにくくなり、バランスが崩れる事を防ぐこともできます。

そうすることによって、怪我予防から痛みの軽減、体調面のピーキングもしやすくなると思います。

また見た目もかっこいいのでランニング時はもちろんですが、普段でも着用することができることが嬉しい点だと思います。

ネックレス自体はかなり軽いものなので、走っていても気になることはありません。

個人的に肌に当たることで、リズムが取りやすく感じました!

ソラーチ

これは資金があれば是非購入したいのですが、資金がなく、なくなく諦めた商品です。

しかし、ランニングのケアから日常的なケアまでを一台でできることは喉から手が出るくらい欲しい商品です。

『ソラーチ』中足骨のマッサージできる機会となっています。

中足骨をマッサージしてどうなるのか?と思われた方も多いと思います。

前回足底腱膜炎の記事のなかで、足底腱膜のお話をさせていただきました。

そのなかでは足底の状態が悪いと体にかかる衝撃を吸収できなくなるという内容でした。

この『ソラーチ』では、中足骨周辺の筋肉をマッサージすることで、足底腱膜やふくらはぎにアプローチすることができ、圧倒的に足の状態を改善することができます。

強さが3段階で選べたりすることはポイントです。

しかし足ということで清潔感がないと思われた方も多いと思います。ですが、着脱可能なので、足入れ部分を選択することができます。

これで娘が大きくなっても「パパが使ってるから使いたくない」という発言も少しはなくなるのではないか…と思っています。

私は必ず購入したいと思っています。

これまで足底腱膜炎が治らなかったことやそれで無理をすることで疲労骨折をしてしまったことを改善できるのであればこれは買おうと思います。

しかしランニングのために購入するのであれば高い買い物になってしまいます。

ですがこの商品は、家族がみんなで使用できること、それによって健康で暮らせることは証明されていることから、購入を決めました。

増税前になんとしても購入をしたいのですが、奥さんの攻略が必要になってくるので、練習以上に頑張りたいと思います。

そのほかのアイテム

ファイテンは多くの商品を取り扱っています。

ボディケア用品
・クリーム
・テープ

サポーター
・ベルト
・アーム、レッグスリーブ

その他
・アパレル類

・寝具

・スキンケア

・ヘアケア

・サプリメント、ドリンク

この商品の全てにファイテン独自の工夫がされており、どの商品も魅力的で効果的でした。

※直営店に行って体感してきましたが、もし近くにあるのであれば行って欲しいと思います。ランナーとして強くなれる近道はたくさんありました!

まとめ

・ファイテンは『自然治癒力』を高めるアイテムです。

・日常からバランスが崩れることがあっても自然治癒力が高いことで回復を早めることができます。

・ネックレスはどれもスタイリッシュなものばかりで、スポーツシーンだけでなく、日常生活でもつけることができる。

なので自然治癒力が高い状態を常に保つことができ、バランスが整いやすくなる。

なのでランニングに負担がかかりにくくなり、より楽に走ることができる

・ソラーチは中足骨マッサージをすることができる。

中足骨をマッサージすることで中足骨周辺の筋肉をほぐすことができ、足底に疲労がたまることを予防できる。

足底をケアすることによって地面からの衝撃を軽減できて、多くの怪我のリスクから守ることができます

ファイテン ソラーチ 今ならポイントが2倍10,000ポイントプレゼントキャンペーン中! 9月17日まで

増税前に買おうとしている理由の1つです!

 

オフィシャル公式オンラインサイトからもネックレスやアパレルなどの商品が購入できますので是非購入の検討を!

記事に関して感じたこと、思ったことをコメントしてください! ※名前やメールアドレスを打たなくてもコメントだけで投稿できます!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください