【購入】ズームフライフライニットのレビューと選んだ理由


シューズの新調をするにあたって

私はいつも練習のときにズームストラクチャーや、ストリークを使っていました。

これまでリアクトや、ノーマルアッパーのズームフライを履いていましたが、今回新たに

『ズームフライフライニット』別称ZFFNを購入しました。

今回候補に上がったシューズは3種類

・ズームペガサス

・ズームペガサスターボ

・ズームフライフライニット

この中でどのように選考をしたのかを紹介したいと思います。

シューズを購入する理由

まず今回シューズを購入するにあたって、『どんな場面で使用するシューズが欲しいのか』を考えました。

今回私が欲しくなった場面は、長いジョグの際に必要なシューズです。

マラソン練習も兼ねて、前々から企画している

「42.195キロを隠れて走ったら、嫁は気づくのか」

という企画で使用できるシューズが欲しいです。

しかしこの企画にはまだまだ練習が自分はできていない…

と思っていたのですが、シューズの力でどうにか走れたりしないかなと思っているしだいであります。…甘いんだろうけど

と、まあ少し脱線しましたが、

今回は、長い距離をなるべく少ない力で走れる(ランニングエコノミーが高い)シューズを購入したいと考えました。

企画の結果はこちら

選ばれたのは…『ズームフライフライニット』でした

 

まずズームフライにした理由ですが、

「長い距離を走る際にランニングエコノミーが少しでも高いのは」と考えました。

足作りの練習ではあるのですが、42キロを走ることが重要なので、苦しみながら終わるのではなく、シューズの力を使って練習することを選びました。

ズークフライフライニットはヴェイパーフライと同じ素材のカーボンプレートを内蔵していて、接地した瞬間に足の力だけでなく、カーボンプレートの力で前に進むことができます。

そうすることで1歩あたりのエネルギーも少なくて済むので、42キロを走ってもエコに走ることができると考えました。

ノミネートしたシューズ

ズームペガサス

ズームペガサスは改良され足が運びやすいように工夫されています。

その点において十分なランニングエコノミーが高いシューズです。

私は今回長くても20キロまでしか走っていないので自分の可能性を広げる意味でも42キロに挑戦したいと思っています。

例えば練習で30キロ走っていたり、マラソンに何度も挑戦していて、ある程度足作りができていれば、自分はコストパフォーマンス面と練習強度面を考えペガサスにしていたと思います。

今回は完全にカーボンプレートがない分、自分の足の力で進まなければいけないということで購入には至りませんでした。

走ったことのない距離を走るとなれば、多少なりともシューズの力を借りる必要性がありました。

完全にシューズ任せの選び方。

でも誰しも楽に少しでも早く走りたい。その思いだけでした。

しかし、ペガサスの場合、自分の足を鍛えることができます。

体の器を作って勝負。という正攻法を取るならこちらですが、個人的に目の前に迫った、企画なので、カーボンプレート様に頼ることにしました。

ズームペガサスターボ

ターボに関しても似たような理由です。

足作りをしながら走れる自信がなかったこと、そしてターボはよりヴェイパーフライにと同じ

『Zoom X』

というソール技術を取り入れており、ランニングエコノミーが考えられたシューズになっています。

足づくりのために期間が空いていれば間違いなく購入していたと思うのですが、今回はズームフライのカーボンの力を借りることにしました。

まとめ

自分の走ったことのない距離を走りきれるような魔法のシューズが欲しかった。

そのシューズ選びでグランプリをとったのが、カーボンプレートを内蔵していて、よりランニングエコノミーが高い『ズームフライフライニット』です。

使用の用途によって、シューズを使い分けられるような選手になることで、よりランニングの質を上げることができると思います。

また、自分に合ったシューズを選ぶことで、自分の持っている力を最大限に引き出せるようになるのも、シューズ選びで考える必要性があると思いました。

 

 

“【購入】ズームフライフライニットのレビューと選んだ理由” への2件の返信

記事に関して感じたこと、思ったことをコメントしてください! ※名前やメールアドレスを打たなくてもコメントだけで投稿できます!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください