ナイキ厚底シューズのレポート


先日購入したナイキヴェイパーフライ4%フライニット!

なかなか手に入らない商品ですが、最近はまだ手に入りやすくなった?かな

転売目的で購入する人が減れば本当に必要な人たちの手にちゃんと渡るんだろうけど…

このシューズの特徴といえばこの厚底です。

写真は

左 ナイキヴェイパーフライ4%フライニット

右 ナイキズームストリーク4

26.0cmで比較

この写真を見ても分かるようにソールの白い部分が2倍以上あることがわかります。

またヴェイパーフライにはソールの中にカーボンプレートが入っており、足にバネがついているかのように走れます。

しかし、最大の課題は扱える人が限られる。ということです。

実際自分も12年間薄底のシューズでスピードトレーニングを行ってきました。

そしてこの厚底出会い履いてみた感想は…

前に進まん!!!

あれ。おかしい…カーボンプレートで前に進むのでは?

前に進まない理由は明らかでした。

それはカーボンプレートが前に進む推進力なっているのではなく、斜め上から真上に進む力になっているからでした。

アジア人は前の筋肉が発達しています。そのため肩が前にきて猫背になりやすい傾向にあります。そのため自然と後ろの筋肉が発達しにくく、骨盤が後傾してしまいます。意識してトレーニングしないとヴェイパーフライを履いた時に前にアジア人だと前に進みにくい体であることがわかります。

ではどうすれば良いのか。

やり方は人によって違うかもしれませんが、骨盤を前傾する姿勢を維持できる必要があります。そのための近道として後ろ側の筋肉を鍛える必要があります。

骨盤を前傾するためにハムストリング群の筋肉や背筋をつける必要があるとおまいます。

今回から背筋とLSDを中心にメニューを組んでみようかと思います_φ( ̄ー ̄ )

ヴェイパーフライに合う身体作りがフルマラソンサブ3に近づくトレーニングになるかな。

なればいいな。

記事に関して感じたこと、思ったことをコメントしてください! ※名前やメールアドレスを打たなくてもコメントだけで投稿できます!

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください